新年あけましておめでとうございます。

昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。
2007年に開始の mubz.jp もおかげさまで11年目を迎えます。
貴殿のますますのご発展を祈念しますとともに、本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。


_DSC1186

そんなわけで。申(さる)から酉(とり)へと年が変わりました。
改めまして、おめでとうございます。

酉というと「鶏」なイメージ画像(芋版)が想起されます。ですが実際のところそれは「当て絵」なのであって、酉の実態とは何の関係もないもの。
ですので「えー、今年一年が貴方にとって大きく羽ばたける飛翔の年となるよう・・」なんて云う挨拶は「当て絵 × ダジャレ」と二回転ひねりの状態です。しかしながら、人類の歴史上まだ誰一人として突っ込んだことがないため継承され続けていると云う次第です。
なぜ二回転ひねりは是正されないか。
それはひとえに新年のめでたさ故であります。

ときに。
「あー申がよかったなぁ、年が変わるのは何とも残念なことだよ」なんて人もいるんですかね、いませんかね、いたらいいですね。聴いてみたいですね、何でって。
年が変わるのは、もう無条件にそれ自体良いことのようにして受け入れられているように理解しています。
物語や冒険の始まりのワクワク感。何かこう「おニュー」って感じですかね。
おろしたてのスニーカーを履く初日の朝みたいな気分を嫌う人はあまりいないと思います。
クリスマスキャロルのスクルージか、スポンジボブのスクイッドワード(イカルド)は新品の靴にも難癖ありそうですけどね。

酉(鶏)の年と云うことですから、鳥取あたりは大いに盛り上がるのですかね。
昨年の砂丘に続いて今年も話題は我々が総鶏りだとかやんや賑わうといいですね。
筋肉の人々も鶏胸肉食べ放題ですね。
ケンタッキー社内あたりでは12年に1度の気合の入れどきなんでしょうね(例年気合入れとるわい)

そんなわけで。
鶏とめない感じで、酉年スタートの1月1日(日)です(二回転するのかい?)
今年こそ、飛ぶ鳥落とす勢いで頑張ります!(落としちゃうのかい?)