http://www.amazon.co.jp

Kindle が発売発表間近ってことで、無論購入は検討する。するんだけど、はたしてどうだろう。そりゃデバイスを手に入れたなら良いことがあるのは解ってる。それはすなわち本を好きなときに手に入れて読めるってことを意味してるだろうし、収納上か廃棄上有利な図書の購買方法だったりするだろうし。で、悪いことがあるのも解ってる。それはすなわち鞄の中の荷物がまたひとつ増えるってことを意味してるし。(ボクは娯楽本を持ち歩くことはほとんどないから)

だいたいからして新しい機械で、新しいテクノロジーで、新しくできるようになる事柄に興味があって当該のデバイスを買うというパターンが多いんだけど、今回は其のパターンには当てはまらない。どちらかというともう成熟しきった技術だしどう動作するかも空想で補える。というか本を読むんだろ?と。紙とインクでもなきゃ、iPhone でも iPad でも MBA ででもなく、Kindle で。そこに驚きはない。ただ暮らしの中に位置づけたときにどう作用するのか、ただただそればかり。

前向きには、室内の本の収納のことを考えることなく本を買うことができる。むろんデータの転売はできないだろうけど、読み終えた読み物を箱詰めしてブックオフに送る手間と相殺と考えたら、成立しなくもない。特に漫画と雑誌だよなと。たとえば漫画なら 50 巻ほど続く作品をゴソッと買って読むことがおおいけど、読み終えた後の山と積まれた漫画群の残骸感ったらない。この残骸がキンドルによって解消されるならそれはとても素晴らしい未来。ばかでかい本棚を買うかどうかを心配する必要もなくなるし、寝室が日に日に縮小することも無くなる。もちろん漫画に限らず、雑誌もしかり。図鑑もしかり。新聞もしかり。文庫も、ビジネス書も。といえ、雑誌や漫画のコンテンツがどれだけの割合キンドル上で読むことが出来るようになるか、その現状が良くわからないので、kindle 導入の判断は当座保留するほかない。

そこの情報を、せめて参画する出版社の情報でも、先出ししてくれたら意思決定上たすかるんだけどな。

ところで余談。
近頃めっきり本を読まなくなった。読む時間が無いから。いけないなとおもいつつも手が伸びない。理由は、RSSで大量のニュースを受けて、メールを消化して、Huluでドラマ視て、ポケモンやってんだから、腰を据えて本を読む時間的、空間的スキ自体がほとんど皆無になったってこととおもう。知的好奇心の減衰、ではない。
さらに余談の余談だけど、言うまでもなく、雑誌新聞なんかここ何年かまったく接点無く生きている。生きてく上でこれぽちも不便がない。どころか、洗練されたとすらおもう。