あとで読むサービスの Instapaper のWebサイトから、ePubを書き出すことができます。

どうやらそういうことができそうだぞという事に、薄らと気がついてはいたのですが、なんとなく今は必要ないかなの繰り返しで、結果として一度も試してこななかった Instapaper の機能です。
これを、いよいよ本日試してみようということ。じゃあ、いざ。


上のInstapaper 画面キャプチャの右側にある「Download」欄の、さらに一番右側の「ePub」リンクを選択クリックする。たったそれだけ。
たったそれだけで、その時点で未読の記事複数分がまとめて1つのePub データ化され、ブラウザ経由でダウンロードされる段取りになっています。

折角のePubデータです。このePub データをなんとか iPad へ引き渡したいですね。ということで、

  • PC上のePub データをDropboxへ。
  • iPad からDropboxアプリでDropboxフォルダへアクセス。
  • iPad Dropboxアプリ内から指定のePub データを選択して「iBooksで開く」を選択。

iPad デフォルトアプリ iBooks アプリで開いたときの表示の具合はこんな感じです。

割とサマになったると思うんですが、どうでしょう。
App Store で販売されているiPhone/iPad 用 Instapaper アプリを、iPhone やiPad にインストールしていても、未読記事の同期作業が煩わしくなってしまって、最近あまり立ち上げてないんだよねって人にはちょっと試してみる価値のある方法といっていいんじゃないかと思われます。
もちろん未読記事が溜まりまくって手がつけられなくなってしまっているアナタにも。

この ePub 化の方法なら、PC側でePubボタンを押して、生成されるファイルをDropboxへアップしておくだけなので煩わしさは軽減されると思います。

iBooks のページ送りの操作感の良さも手伝って、まとめ読みをするにはもってこいの方法です。

MicroShell for iPad2 Black MSIPAD2BK
MicroShell for iPad2 Black MSIPAD2BK