家の倉庫からBlueNote のアルバム「Blue Moon」を発掘しました。

_MG_3291

何故かは分からないのだけど、ずっと昔に紛失した様な気がしてたもので再発見の喜びひとしおです。


ひとしおとは言っても、別段大それたようなアルバムでもなく、ごくごく普通のコンピレーション・アルバム。よくある Various Artists。だからアルバム・タイトルをインターネットで検索して、それでもって収録曲リストを入手することができさえすれば楽曲個別に収集してアルバムを再現する事が可能なわけで、アルバム本体が必須という訳ではない、そんな品です。

が、コンピレーションの具合が丁度ハマったのかあるいは単なるノスタルジアかで、すごくたまにだけどこの Blue Moon のことが恋しくなることがちょくちょくあります。とはいえ、CDそのものを紛失したと思い込んでたし、収録曲のタイトルは憶えてないし、この際だから買い直そうとおもうこともちょくちょく。それでアマゾン、iTunesを始めとして、タワー、HMV、Disc Union など販売各店舗のオンラインショップでアルバム名検索をかけることもしばしば。だけど、どの店で探してみても軒並み在庫なし。そんな商品は御座いませんと。店舗単位でアウトというだけならまだしも、頼みの綱 Google での検索結果ですらもほ求める情報が返ってきません。おかしいな。
Google をもってしても検索できないとなってくると、面白いもんで、だんだんと自分の記憶の方が疑わしくなってきます。本当にBlue Moon なんてタイトルだったのかい?とか。そもそもそんな物は無かったんではないか?とか。深刻ではないけど記憶や認知のエラーを疑り始める程度に自分の脳に対して疑心暗鬼。独りぼっちのガスライティング遊戯です。そんな靄がかったような気分が、この現物発掘でスッキリ晴れました。ほらねやっぱりあったでしょ。

てことで折角だから、収録曲リストをメモ。

Blue Moon – Blue Note, The Night And The Music / Various Artists
issued: 1993 BLUE NOTE 0777 7 89910 2 1
1. Sister Moon / Bob Belden
2. Black Moon / Greg Osby
3. Polka Dots And Moonbeams / Lou Donaldson
4. Moonlight In Vermont / Johnny Smith
5. No Moon At All / Julie London
6. Blue Moon / Wynton Kelly
7. Full Moon& Empty Stars / Carmell Jones
8. How High The Moon / Dianne Reeves
9. It’s Only A Paper Moon / Kenny Drew
10. I Wished On The Moon / Dizzy Reece
11. Moon Dreams / Miles Davis
12. Moon River / Grant Green
13. Fly Me To The Moon / Nat King Cole
14. Winter Moon / Hoagy Carmichael
15. Beautiful Moons Ago / Benny Green

http://mitglied.multimania.de/condouant/inhalt/carm/carmell6.html
(事後に検索で発見した上記のサイトから引用。)

17年前のアルバムなんだ。そりゃ、売ってないどころか情報そのものもないってものです。少々脱線しますが、今から17年前の1993年といえば、時は細川連立内閣で、Jリーグ発足で、まだポケベルで、ドラクエもFFもともに5で、マーフィーの法則が流行ったような時代です。windows も3.1とからしいです。ていうか経過した年月に絶望した。

話を元に戻して、折角発掘できたアルバムですから、iTunesにデータを読み込んでカバフローもつけます。が、もちろん、Blue Moon なんてこの世にあるのだかないのだか判らないCDのカバー画像など見つかる筈もありませんので、カバーのイメージもついでに撮っておきました。

BlueMoon_cover

先にも書きましたけど、本CDジャケットのイメージはiTunes は無論、Googleすらで検索したときにはお目にかかれなかったのでエイヤと撮影してヨッコラセとトリミングしたという次第。本来スキャナーで処理するところなのですが、ウチにはありませんからカメラで代用。なので色はいい勢いでズレてます。はい。
ちなみにこの画像で Google ゴーグルを試みてみましたが、案の定認識してもらえませんでした。

今回この一件で感じたのが、この手の、古くて、さほど沢山は売れるようなものではなくて、必然的に店の棚や倉庫に置いておくには邪魔な、その結果として市場や記憶から消えてしまってる音楽が、もっと目につく機会を増すといいな、ということ。
記録方式が振動から磁気になってそれからデジタルになって。容れ物がCDやLDやMDやDVDやBlu-rayやなってって。もちろんこの先も色々形を変えてくことを前提にして、規格に翻弄されるからこそ作った物が低コストで保管できて、なおかつ半永久的に売買のチャンスが残りつづける体裁は売り手も買い手も幸せなんじゃないか、とか。

Blue Note – 4E
Blue