The Bucket List(2007)、邦題「最高の人生の見つけ方」。
The Bucket List - 最高の人生の見つけ方 -
映画「最高の人生の見つけ方」公式サイト
死を宣告された 2 人の老人が出会い、わずかの余命を望みのままに過ごし、大切な物事へと戻ってゆくヒューマン・ドラマ。

以下ネタバレ注意。

メッセージは、なんだかスタンダードなものだったのだと思うも。思うもののいったいそれが何だったのかというのはイマイチ掴みづらい。
注意したいのは、ストーリーは心と物質、愛情と金、帰属と自由といったシンプルな二極対立の構造ではないという点。
端折って言ってしまうと、自動車修理工カーターはエドワードと出会う事で友情を得る。友情を得ることで「自分の選択への確信」を獲得する。富豪エドワードはカーターと出会うことで友情を得る。友情を得ることで「最大の後悔」を回避する。大袈裟に言うと、信仰心しか持たない男と財産しか持たない男が、友情を結節点にして、欠けていた方の人生哲学を共有し、本来生きることでしか得られない「確証」を相互に補い合う、ということになってしまう。
で、結局、メッセージとしては、友情なのか、人生に悔いを残すべきでないという教訓なのか、大切だけど身近すぎて見えないものへの回帰なのか、トラウマの克服なのか… ウヌヌ。理解に苦しむ。
ストーリーの展開は見事に組み上げられているし生死観というテーマも据わりがいいけど、メッセージが漠然という一点で心中複雑。
というわけで、(ボクにとっては)メッセージが漠然としているだけに、邦題「最高の人生の見つけ方」は限定的すぎていかがかとおもう。劇中おこる様々の化学反応の起点となった「The Bucket List」のままの方がシックリくる。

主演は、富豪エドワードを演じるジャック・ニコルソンと自動車修理工カーターをモーガン・フリーマン

監督は、ロブ・ライナー。過去には、監督として「恋人たちの予感」「スタンド・バイ・ミー」。プロデューサとしては「ミザリー」などを手がけている。

個人的には消化不良感が強いですが、とはいえ、見てて気分が高揚するというか気持ちがよくなる(泣けた)のは確かです。はい。
あと、あれは実際の旧車のマスタングGT350をぶつけたり、世界中をロケで回ったりしたのでしょうかね。役者以外も結構ゴージャス。


関連リンク
映画「最高の人生の見つけ方」公式サイト
The Bucket List|IMDb

オンラインDVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』無料お試しキャンペーン中!